プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「MSOSYNC.exe」とはなんぞや?
ふと見たら、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「MSOSYNC.exe」。

「Microsoft Office Document Cache」とか書いてあるので悪い奴じゃーないと思うのですが、
おまえ、昔はいなかったよね(--?

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

Office2010の「アップロードセンター」とかいう奴のプロセスらしいです。
使ったことないなぁ。
以前、興味本位でMicrosoft SharePoint Workspace 2010を(1日だけ)動かしたのですが、
そのときに何か設定されて?動き出すようになっちゃったのでしょうか。

よく分からんけど、いらないので止めちゃうことにします。
スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」のところから「msconfig」を起動して、
「スタートアップ」のタブの中にある

スタートアップ項目:Microsoft office 2010
製造元:Microsoft Corporation
コマンド:C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\MSOSYNC.EXE

とかいう奴のチェックを外せばOKです。
どのチェックを外すかは「スタートアップ項目」ではなく「コマンド」を見て確認してください。

20140209-01.png

スタートアップ項目が「Microsoft office 2010」の奴は複数あるかもしれません。
と言うか、私の環境では違うコマンドを指した「Microsoft office 2010」が複数ありました。

ちなみに、チェックを外した項目も一覧上にはそのまま残ります。
一覧からも消したい場合はレジストリをあれこれする必要がありますよ。
詳細は

Windows7、msconfigの「スタートアップ」タブからいらない項目を削除する

の記事をご覧ください。

まとめると「MSOSYNC.exe」は「Microsoft Office アップロード センター」が使うプロセスです。
アップロードセンターを使っていなければ、止めちゃってOKです。

完了\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事