プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「wmpnetwk.exe」とはなんぞや?
我が家の2号機パソコンで、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「wmpnetwk.exe」。

おまえ、そんなところで何やってるの(--?
てか、そもそもおまえ誰よ(--?

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

「Windows Media Player ネットワーク共有サービス」とかいう奴のプロセスらしいです。
その名の通りWindows Media Playerを使ってデータ共有したりするときに頑張る奴みたいですね。
ファイルの同期とか取っていなければ不要っぽいです。

うん、邪魔(^_^)
てか、そもそもWindows Media Player自体使っていない(初期設定すらしていない)状態なのに
何を勝手に動いてやがんだよ。

そんな怒りを胸に、さっさと止めることにしました。
やり方は

コントロールパネル→管理ツール→サービス

と移動して、名前が

Windows Media Player Network Sharing Service

ついでに説明が

ユニバーサル プラグ アンド プレイを使用して、Windows Media Player ライブラリを、ネットワーク接続された他のプレーヤーやメディア デバイスと共有します

のサービスをダブルクリック。
「停止」して、スタートアップの種類(E)を「手動」にして「OK」でOK\(--)/
これでいなくなりました。

は~、スッキリ(*´ェ`*)

あっ、そうそう。
「wmpnetwk.exe」さんはこっそり動いている奴です。
タスクマネージャでは「全ユーザのプロセスを表示する」にチェックを入れないと
見えないのでご注意ください。

ってな感じ、完了\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事