プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「cmd.exe」とはなんぞや?
ふと見たら、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「cmd.exe」。

普段見かけないおまえは誰(--?

と気になったので調べてみることにしました。

なんちゃって(--ゞ

プログラムを組む人であれば、調べるまでもなく馴染みがあると思いますが、
「cmd.exe」はコマンドプロンプトのプロセスです。
黒い画面があればそいつ、無ければ見えないところで動いています。

「あぁ、こいつね」と心当たりがあれば問題ありません。
まったく心当たりが無ければ少し怪しんでください。
ウィルスさんが「cmd.exe」を動かしている可能性があります。

あくまで経験則的なものですが、市販されているソフトで
「cmd.exe」のプロセスを起動してあれやこれやするソフトは多くありません。
フリーソフト等の自作ソフトではちょいちょいありますけどね。
特にフリーソフトとかも動かしていないし黒い画面も出ていないのに「cmd.exe」が動いていたら、
ウィルスさんが動かしている可能性があります。ウィルススキャンをしてあげてください。

そんな感じです。
一応まとめると「cmd.exe」はコマンドプロンプトの画面です。
黒い画面があればそいつ、無ければ見えないところで何かのプログラムが動かしています。
「何かのプログラム」は普通のプログラムの可能性もあればウィルスの可能性もあります。
身に覚えが無ければウィルススキャンをしてあげてください。

終わり\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事