プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、コマンドプロンプト上でのコピー&ペーストの楽なやり方
元々やっていたやり方が

コマンドプロンプト上で「alt」キーを押しながらスペースキーを押す
(もしくは左上のアイコンのところで右クリック)
  ↓
「編集(E)」
  ↓
「選択範囲(K)」
  ↓
コピーしたい範囲をドラッグする
  ↓
Enterキーを押す(これでコピーされる)
  ↓
コマンドプロンプト上で「alt」キーを押しながらスペースキーを押す
(もしくはアイコンのところで右クリック)
  ↓
「編集(E)」
  ↓
貼り付け(P)

なのですが、やっぱりちょっと面倒くさくてですね。

もちっと楽なやり方が無いかな~と探したら、あらまぁ。
「簡易編集モード」なるものがありました。

ふむふむ(--)
簡易編集モードでは

1.マウスのドラッグで選択範囲を指定できる
2.選択された状態で右クリックするとコピーされる
3.何も選択されていない状態で右クリックすると貼り付けされる

になるのですね。
コマンドプロンプト上のコピペってほとんどやらないので放置していたのですが、
こんなに楽ならもっと早く調べれば良かった_| ̄|○
そう後悔せずにはいられません。

ちなみに簡易編集モードにする方法は

コマンドプロンプト上で「alt」キーを押しながらスペースキーを押す
(もしくは左上のアイコンのところで右クリック)
  ↓
「プロパティ(P)」
20140227-01.png

から「オプション」タブの「編集オプション」にある「簡易編集モード(Q)」にチェック
20140227-02.png

です。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Windows  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事