プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「mDNSResponder.exe」とはなんぞや?
我が家の2号機パソコンで、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「mDNSResponder.exe」。

ん?おまえ、まったく見覚え無いんだけど?
まさかウィルスかぁ?!Σ( ̄◇ ̄;

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

iTunesとかをインストールすると一緒に入ってくる「Bonjour」なるもののプロセスみたいです。
「Bonjour」はApple関連の製品によく付いてくるうんちゃらかんちゃら。
細かいことはwikipedia様でもご覧くださいませ。

ふ~ん、止めちゃマズイのかな~と思いつつ、試しに止めてみたところ……なんと!

特に何も起きませんでした(--ゞ

止めた後でiTunesを起動したら、一回だけ

20140303-01.png

Bonjour サービスが無効になっています。ほかのユーザと音楽を共有したり、AirPlay スピーカーで音楽を再生したり、Apple TVに接続したり、iPhone/Ipod touch Remote を使用したりするには、Bojour が必要です。[コントロールパネル]>[管理ツール]>[サービス]と選択して、このサービスを再度有効にしてください。

という警告メッセージが出ましたが、二回目以降の起動では出ませんでした。

ふ~ん(--)

この警告メッセージを信じるのであれば、ほかのユーザと音楽を共有したり、AirPlay スピーカーで音楽を再生したり、Apple TVに接続したり、iPhone/Ipod touch Remote を使用したりしないのであれば、Bojourはいらないってことですね。
よし、止めちゃおう。

止め方は

コントロールパネル→管理ツール→サービス

と移動して、名前が

Bonjour サービス

のサービスをダブルクリック。
「停止」して、スタートアップの種類(E)を「手動」にして「OK」でOK\(--)/

「Bonjourなんか一生使わねーよ、バーカバーカ」な人は

コントロールパネル→管理ツール→プログラムと機能

辺りからBonjour自体をアンインストールすることも可能です。
個人的にはいつか気が変わるかもしれないので残しておいた方が無難だとは思いますけどね。

そんな感じ(--)ノ

最後にもう一度まとめると「mDNSResponder.exe」は「Bonjour」なるサービスのプロセスです。
iTunesとかをインストールすると勝手に入ってきます。
ほかのユーザと音楽を共有したり(以下略)をするときには必要ですが、
しないのであれば止めちゃってOKです。


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事