プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Excel2010、Shift+スペースキーで行選択ができなくて焦ったお話。
結論から書けば日本語入力がONになっているのが原因でした。

Excelさんにはいろいろな小技がありましてね。
その中で「Shift+スペースキーで行全体を選択というショートカットがあるのですが、
今日突然、それが効かなくなりました。

なんだなんだ?

バグか?

ウィルスか?

それとも日頃の行いか?

と焦ったのですが、原因はとても単純で、
日本語入力がONになっていただけでした(--ゞ

あっ、そうですか。
日本語入力がONだと駄目なのですね。

どうやら日本語入力がONの状態の「Shift+スペースキー」には
「別幅空白」なるものが割り当たっているようです。

そいつが上書きしちゃうからExcelさんの「Shift+スペースキー」が効かないみたいですね。

ということは「別幅空白」の割当を消しちゃえば使えるんじゃね(--?

早速試してみることに。

IMEのプロパティを開いて「編集操作」の「変更」ボタンをポチっと押し

20140309-01.png


開いたIMEの詳細プロパティ上で、Shift+SPACEの「別幅空白」を選択して「変更」ボタンをポチっと押し

20140309-02.png


機能選択画面で「別幅空白」が選択されていたのを「-」に変えて「OK」ボタンをポチっと押し

20140309-03.png


「別幅空白」だったところが「-」になっているのを確認して「OK」ボタンをポチっと押し

20140309-04.png


日本語入力がONの状態で、Excel上でShift+スペースキーを押したら行選択できました\(--)/

20140309-05.png


Shift+スペースキーで別幅空白の入力なんてやらんしな。
このままにしておこっと♪
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Microsoft Office  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事