プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
JavaScript、配列から要素を削除する。
結論から書けば、Array.splice()メソッドを使えばOKです(--)ノ

それでは見ていきましょう。

JavaScriptには

Array.splice()

なるメソッドがあるのだそうな。
こいつは「配列から古い要素を取り除きつつ、新しい要素を追加する」
つまりは「配列の要素を置換する」のが本来のお仕事で、書き方はこんな感じですφ(--)

Array.splice(削除する要素の添字, 削除する個数, 追加する要素)

とは言え、新しい要素を追加しなければ要素の削除だけできそうですよね?
そのためArray.splice()は配列の要素を削除したいときにも使います。

それではサンプルコードφ(--)

<script type="text/javascript">

    //配列定義
    var tmpArray = new Array("a", "b", "c", "d", "e");

    //配列の要素削除
    tmpArray.splice(2, 1);

    //結果確認
    alert(tmpArray);

</script>

結果はこんなんφ(--)

a,b,d,e

添字が「2」の要素始まりで1個だけ、つまり「"c"」の要素が削除されました。

先程も書きましたが第二引数に削除する個数を指定できるので、
例えばこんなコードを書くとφ(--)

<script type="text/javascript">

    //配列定義
    var tmpArray = new Array("a", "b", "c", "d", "e");

    //配列の要素削除
    tmpArray.splice(2, 3);

    //結果確認
    alert(tmpArray);

</script>

こんな結果になりますφ(--)

a,b

添字が「2」の要素始まりで3個、つまり「"c","d","e"」の要素が削除されましたね。

少し話が逸れますが、削除個数が配列の個数を越えてもエラーにはなりません。
例えば、こんなコードを書くとφ(--)

<script type="text/javascript">

    //配列定義
    var tmpArray = new Array("a", "b", "c", "d", "e");

    //配列の要素削除
    tmpArray.splice(2, 100);

    //結果確認
    alert(tmpArray);

</script>

こんな結果になりますφ(--)

a,b

開始位置は指定した位置で、あるだけ要素を削除してくれました。

これが配列の要素を削除する際のArray.splice()の使い方です。

せっかくなんで、最後にArray.splice()の本来の使い方も書いておきますね。
こんなコードを実行するとφ(--)

<script type="text/javascript">

    //配列定義
    var tmpArray = new Array("a", "b", "c", "d", "e");

    //配列の要素置換
    tmpArray.splice(2, 1, "aa", "bb", "cc");

    //結果確認
    alert(tmpArray);

</script>

こんな結果になりますφ(--)

a,b,aa,bb,cc,d,e

これは要素「"c"」と「"aa","bb","cc"」が置き替わった結果です。

そんな感じ(--)ノ
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● JavaScript  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事