プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「NFCProxyService.exe」とはなんぞや?
我が家の2号機パソコンで、さり気なく居座ってお仕事していた謎のプロセス。
その名も「NFCProxyService.exe」。

おぉ、なんか怪しそうな名前してやがんな。
おまえは一体何者だ!?Σ( ̄◇ ̄;

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)が使うプロセスだそうな。
FeliCaランチャーの関係者……もとい、関係プロセスみたいですね。
あー、前にICカードリーダーの何かを更新したときに勝手にインストールされたんだよな。
そいつか。邪魔くせぇ。

ICカードリーダー自体、年一回のe-Taxでしか使ってないしなぁ。

勝手に常駐してんじゃねーよ、バーカ、バーカ。

無駄に常駐しやがる心意気に良くない意味で感銘を受けたので、
丸ごと削除してやろうと思いました……が、また来年のe-Taxで鬱陶しいことになっても困るしなぁ。
仕方ないので、削除は勘弁して止めるだけにすることにしました。

それでは、普段FeliCaランチャーが居座らないようにするやり方を書いていきますね。
情報が見つからなかったので自己流ですが、取りあえずは大丈夫そうです。

まずは「NFCProxyService.exe」を動かなくしてやりましょう。

コントロールパネル→管理ツール→サービス

と移動して、名前が

NFCProxyService

のサービスをダブルクリック。
「停止」して、スタートアップの種類(E)を「手動」にして「OK」で消えやがれ\(--)/

これで「NFCProxyService.exe」が消えます。
そして常駐しなくなります。

次に「FeliCaLuncher.exe」という名前のプロセスと
「FeliCaPort_ServiceMgr.exe」いう名前のプロセスがいたら
そいつらをタスクマネージャから殺します。
勝手に人のパソコンの中に居座ってるんじゃありませんですことよ。

最後に、パソコンの起動時にFeliCaランチャーが勝手に動かないようにします。

1.スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」のところで
 「msconfig」と打って「msconfig.exe」を起動

2.「システム構成」の画面が開くので「スタートアップ」タブを選択

3.スタートアップ項目が「FeliCa Luncher」のところのチェックを外してOK

4.パソコン再起動

で、FeliCaランチャーの常駐解除\(--)/

ちなみに、常駐解除後に手動で動かしたいときは以下の手順で動かせますよ。
まずは

コントロールパネル→管理ツール→サービス

と移動して、名前が

NFCProxyService

のサービスをダブルクリック。
「開始」して「OK」で「NFCProxyService.exe」が動き出します。

あとはスタートメニューから「FeliCaランチャー」を起動すれば、
「FeliCaLuncher.exe」と「FeliCaPort_ServiceMgr.exe」が動き出して
常駐していたときと同じ状態になります。

まとめると

・FeliCaLuncher.exe
・FeliCaPort_ServiceMgr.exe
・NFCProxyService.exe

の3つはFeliCaランチャー関連のプロセスです。
FeliCaを使っているのであればそのままにしてあげてください。
邪魔であれば

1.サービス「NFCProxyService」を無効化
2.「FeliCaLuncher.exe」「FeliCaPort_ServiceMgr.exe」を止める
3.「FeliCa Luncher」をスタートアップ項目から除外

で消し去ることができます。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事