プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「realsched.exe」とはなんぞや?
我が家の2号機パソコンで、さり気ない顔してお仕事していた謎のプロセス。
その名も「realsched.exe」。

あれ?なんか見たことある気もするけど……なんだっけ(--?

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

「RealNetworks Scheduler」とかいう名前の奴で、
RealPlayerの自動アップデート関連のプロセスだそうです。
あれかな?新しい奴が出たら何か通知してくる奴なのかな(--?

そのまま放っておいても構わないのですが、
RealPlayerは普段使っていないので止めることにしました。
自動アップデート系は常駐しないと仕事にならんのは分かるのですが、
活躍する機会が多くないだけに普段から居座られると邪魔なんですよね(--ゞ

一時的な止め方はタスクマネージャでプロセスを殺してやればOKです。

恒常的な止め方は……少しだけ面倒くさいっぽいですね(--ゞ

バージョンによってちょっとした違いはあるかもしれませんが、まずは

1.RealPlayerを起動する

2.メニューを開く

3.「環境設定(P)...」を押す

4.環境設定のサブ画面で「自動サービス」の「オートアップデート」を選択

5.「重要なアップデートを自動的にダウンロードおよびインストールする(A)」のチェックを外す
  20140324-01.png

6.「OK」ボタンを押す

が第一ステップです。

実はこれだけだとまだいなくなりません。
再起動すると再登場するはずです。

次にスタートアップから外します。
手順はこんな感じφ(--)

1.スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」のところで
 「msconfig」と打って「msconfig.exe」を起動

2.「システム構成」の画面が開くので「スタートアップ」タブを選択

3.スタートアップ項目が「RealPlayer(32-bit)」とかなってるところのチェックを外して「OK」ボタンを押す
  ※コマンドが「"ほげほげ\realsched.exe" -osboot」とかなっているはずです。
  20140324-02.png

4.パソコン再起動

これで無事にさよならできるはずです。
お疲れ様でした\(--)/

あっ、そうそう。
システム構成の画面のお話ですが、チェックを外してもスタートアップ項目の一覧には表示され続けます。
スタートアップ項目の一覧からも削除したい場合は、レジストリをいじってください。
やり方は

Windows7、msconfigの「スタートアップ」タブからいらない項目を削除する

に書いてあるので、興味のある方はどーぞです(--)ノ

取りあえず、そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事