プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS、Plesk環境にLogwatchをインストールする
Logwatchのインストール自体は

yum -y install logwatch

でサクっとインストールできるのですけどね。
Plesk環境ではもうひと手間かける必要があります。

と言うのも、Plesk環境ではhttpdのログがドメイン毎に散らばっているのです。
具体的には

/var/www/vhosts/【ドメイン名】/statistics/logs

の中にaccess_logとかが入っています。
こいつらを集めてあげなくちゃ意味がありません。

それでは設定してあげましょうかね(--ゞ

ちなみにLogwatchのデフォルト設定ファイルは

/usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf

です……が、こいつは変更しません。

/etc/logwatch/conf/logwatch.conf

に書いて、設定値を上書きします。

実際の設定方法ですが、まずは

/etc/logwatch/conf/logwatch.conf

を開いて以下の内容を追記します。

LogDir = /var/www/vhosts

これはすべてのドメイン共通の基準となるディレクトリです。

次に

/etc/logwatch/conf/logfiles/http.conf

を開いて、実際に収集するログファイル名を定義します。
※「/etc/logwatch/conf/logfiles/http.conf」が無ければ作ります。
例えば

LogFile = example.com/statistics/logs/*access_log
LogFile = sub.example.com/statistics/logs/*access_log

のように書いてください。
当たり前ですが「example.com」「sub.example.com」の部分は
ご自分の環境に合わせて読み替えてくださいね。
実際には「LogDir+LogFile」の記載が収集対象となるので

/var/www/vhosts/example.com/statistics/logs/*access_log

/var/www/vhosts/sub.example.com/statistics/logs/*access_log

のログファイルを収集してくれるようになります。
logwatch.confの「LogDir」を定義しないで

LogFile = /var/www/vhosts/example.com/statistics/logs/*access_log
LogFile = /var/www/vhosts/sub.example.com/statistics/logs/*access_log

と書いても同じ結果になるとは思いますが、かっちょ悪いので試していません。
「LogDir+LogFile」で探してくれるので、お好みで定義してください。

あっ、そうそう。
Logwatchからのメール送信先も指定しておきましょうか。

再び

/etc/logwatch/conf/logwatch.conf

を開いて

MailTo = admin@example.com

のような形で「MailTo」の指定を追記します。
これでLogwatchからのメールが指定のメールアドレスに届くようになります。

これで最低限の設定は終わりです。

コマンドライン上から

/usr/sbin/logwatch

を実行して「MailTo」で指定したメールアドレス宛にメールが届けば完了です。

お疲れ様でしたっ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事