プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
PHP、「It is not safe to rely on the system's timezone settings.」エラーに対処する
結論から書けば、タイムゾーンが設定されていないのが原因なので、php.iniに

date.timezone = "Asia/Tokyo"

とか書いてやればOKです。

それでは詳細を見ていきまする。

ちょっくら新しい環境でPHPのプログラムを動かそうとしたら、

mod_fcgid: stderr: PHP Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in hoge.php on line 418

とかいうワーニングが出ましてね。

なんだってー!?Σ( ̄◇ ̄;と一瞬焦りましたが、よく見れば原因も解決方法も書いてありました。

原因はタイムゾーンが設定されていないから。
解決方法はタイムゾーンを設定しろ。そのまんまですね。

phpinfo()で確認したところ、確かにタイムゾーンが設定されていなかったので、php.iniを開いて

date.timezone = "Asia/Tokyo"

とか追記してやって、念の為httpdを再起動して完了\(--)/

ちなみにPHPのコード内に

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

と書いてあげても良いそうです。
php.iniを変更できない可哀想な人はお試しあれ。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● PHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事