プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
カスタム404ページを作ったら「Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.」とか怒られた。
結論から書くと

おまえさー、404エラーのときはこのページ表示しろって指定してるけどさー。そのページが見つからねーんだよ、ボケ(#゚д゚)

と怒られているので、404エラー時に表示するページの指定が正しいかを確認してください。

それでは詳細を書いていきます。

元々は404エラー発生時に

20140418-01.png


のようなエラー画面が表示されていたとあるサイトなのですが、
ちょっと味気ないなーと思いましてね。

自分で404エラーページを表示させることにしました。

404エラー発生時に表示させるページを作って、.htaccessに

ErrorDocument 404 /404.html

のように記述してOK\(--)/

と思ったら、

20140418-02.png


のようなエラー画面が表示されちゃって、あら、まぁ。
こんなん、私の作ったエラーページじゃないわぁ(つд`)・°・。

気になるのは

20140418-03.png




Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.

の部分です。
一体こいつは、なんじゃらほい(--?というのが、今回のきっかけでした。

ふむふむ(--)

調べてみたら何のことはない。
エラーの内容は「そんな404ページはねぇ!」だそーな。
単純な話で、表示させるファイルの指定が間違ってました(ノ∀`)

ErrorDocument 404 /404.html

の記述は運営している別のサイトからコピってきたのですが、
よく考えたら、今回作ったカスタム404ページのファイル名は「error404.html」(^^ゞ

「404.html」なんてファイルはどこにもないので、そりゃー怒られますわな。

ErrorDocument 404 /error404.html

のように直したら無事にカスタム404ページが表示されるようになりました。

「せっかく作った404エラーページが表示されないんだけど?」な人は、
指定したファイルがちゃんとあるか確認してみてください。
特に、相対パスで指定しちゃうと変なところを見に行く場合があるので、お気を付けて(--)ノ

ってな感じで、完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事