プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「cleanmgr.exe」とはなんぞや?
我が家の2号機パソコンで、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「cleanmgr.exe」。

お前は何だ(--?

……と言いたいところですが、調べるまでもありません。
「ディスク クリーンアップ」のプロセスですね。
ディスク クリーンアップは

スタート
 ↓
すべてのプログラム
 ↓
アクセサリ
 ↓
システム ツール
 ↓
ディスク クリーンアップ

と移動していくと起動するプログラムで、
不要なファイルを削除して、ディスクを綺麗にしてくれる機能です。

cleanmgr.exeの実体は

%WINDIR%\system32\cleanmgr.exe

にあります。
他の場所にある場合はご注意ください。

以下、余談です。

最初に「ディスク クリーンアップ」を起動すると、
以下の画面が開いた時点で「cleanmgr.exe」のプロセスは誕生しますφ(--)

20140815-01.png


タスクマネージャを見ると、こんなんなっていますφ(--)

20140815-02.png


その後、あれやこれやとやって、普通は「システム ファイルのクリーン アップ(S)」を押すと思います。

20140815-03.png


そうすると、またこんな画面が開きますφ(--)

20140815-04.png


この時点では特に変化はありません。
OKボタンを押すと、こんな画面になりますφ(--)

20140815-05.png


実はこの時点で「DismHost.exe」というプロセスと「TrustedInstaller.exe」というプロセスが
新たに生まれます。
タスクマネージャを見ると、こんなんなっていますよφ(--)

20140815-06.png
20140815-07.png


その後あれやこれやとやってディスク クリーンアップが終わると
「cleanmgr.exe」と「DismHost.exe」はいなくなります。

ただし「TrustedInstaller.exe」は残ります。
引き続き別のお仕事をするかもしれないから残るのですかね(--?

ちなみに「TrustedInstaller.exe」はWindows Updateとかで使うプロセスです。
なんでディスク クリーンアップで登場するのかは分かりませんが、

・Service Pack のバックアップファイル
・Windows Updateのクリーンアップ

に絡んで何かお仕事してるのかなーと推測しています。

これがディスク クリーンアップに絡んでプロセスが増減する流れです。
話が逸れちゃってごめんなさいね。

最後にもう一度まとめると「cleanmgr.exe」は「ディスク クリーンアップ」のプロセスです。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事