プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「sppsvc.exe」とはなんぞや?
ふと見たら我が家のパソコンさんで、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「sppsvc.exe」。

お前は何だ(--?

いろいろ調べてみました。
かなりの推測混じりの結論ですが、Windowsのライセンス認証関連の何かみたいですね。

Software Protection」っていうサービスを動かしているとたまに登場するようですが、
サービスの説明欄に

Windows と Windows アプリケーションのデジタル ライセンスのダウンロード、インストール、および実施を有効にします。このサービスを無効にした場合、オペレーティング システムおよびライセンスされたアプリケーションは、通知モードで実行される可能性があります。ソフトウェア保護サービスを無効にしないことをお勧めします。

と書いてありました。
「通知モード」というのは「へーい、おまえライセンス認証してねーぞ。早くしろよ」と
定期的に出てくるモードのことですね。
ライセンス認証ができていないときに登場するアレです。

ふーん、なるほど。
ライセンス関連の何かですか。
止めちゃダメっぽいですね(--ゞ

常駐プロセスではないので、たまに見かける分には気にしなくて良いと思います。
いつもいつも居座っているようだったら、偽装を疑った方が良いですかね。

なお、sppsvc.exeの実体は

%WINDIR%\system32\sppsvc.exe

にあります。
他の場所にある場合はご注意ください。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事