プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「SecureStorageService」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「SecureStorageService」です。
こいつはWave Systems社製のセキュリティソフト?関連のサービスみたいですね。

20140827-03.png


サービスの説明欄には

 

と書いてありました。

つまり、何も書いてありません\(--)/

仕方がないので別のところから見ていきましょう。
実行ファイルのパスは

%ProgramFiles%\Wave Systems Corp\Secure Storage Manager\SecureStorageService.exe

です。
パスの中に「Wave Systems Corp」って文字がありますね。

exeファイルの著作権のところにも

Copyright (C) 2007 Wave Systems Corp.

と書いてあります。

20140827-02.png


うん、Wave Systems社製の何かでしょう。
「Secure」ってくらいだから、セキュリティ関連の何かで~
「Storage」ってくらいだから、ハードディスクの暗号化とか認証系かな(--?
「Manager」ってくらいだから、管理系のサービスなんでしょうね。

かなり根拠の薄い推測になってはしまいますが、

Wave Systems社製の
セキュリティ関連の
ハードディスクに関する
管理系のサービス

と理解しました。
当たらずとも遠からずだと思います。

Wave Systems社製製品を入れていなければ、このサービスはいないと思います。
ただしDellのPC(の一部?)では最初からインストールされています。

このサービスが動いているときに登場するプロセスは「SecureStorageService.exe」です。
私の環境では、スタートアップの種類が「手動」になっていました。
サービスの状態は「停止」です。
うろ覚えですが、以前に邪魔だから止めてしまったのだと思います。
Wave Systems社製のソフトを実際に使用していないためか、特に不都合は生じていません。

Wave Systems社製のソフトを使っている人や、
「Dell ControlPoint」を使ってあれこれ設定している人(※1)は止めない方が無難だと思います。
※1:「Dell ControlPoint」で直接的に使うサービスではありませんが、
  「Dell ControlPoint」のメニューの一部からWave Systems社製のソフトが起動されます。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事