プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「Microsoft IME Dictionary Update」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「Microsoft IME Dictionary Update」です。
こいつはIMEの辞書更新で使うサービスみたいですね。

20140828-02.png


サービスの説明欄には

 

と書いてありました。

つまり、何も書いてありません\(--)/

とは言っても、サービスの名前を見れば分かることですけどね。
そのまんま「マイクロソフトIME辞書アップデート」なので。

このサービスが動いているときに登場するプロセスは、IME2010の場合「IMEDICTUPDATE.EXE」です。
私の環境では、スタートアップの種類が「自動」になっていました。
サービスの状態は「開始」です。

ちなみにIME2012の辞書更新用プロセスは「ImeBroker.exe」です。
プロセスが「IMEDICTUPDATE.EXE」なのはIME2010の場合なのでご注意ください。

個人的に気になるのは「なんでこいつは常駐してんの?」ってことです。
止めちゃダメなのかな(--?

うーん、IMEの辞書アップデート用のサービスでしょ~。
てことは、IMEの辞書をアップデートしない場合は不要なんじゃなかろーか(--?
「Microsoft Office IME 2010 辞書アップデート」の画面で
「インストール済みの辞書を移動的にバージョン アップする(I)」にチェックを付けているなら
動かしておいた方が良い気もするけど、そうじゃなければ不要な気がするんだよなぁ(--ゞ

20140828-03.png


よし、止めてみよう(-∀-)

試しに、スタートアップの種類を「手動」サービスの状態を「停止」にしてみました。

今のところ不都合は生じていません。
普通に日本語入力もできていますし、手動でIME辞書の更新チェックもできました。

恐らく大丈夫だとは思いますが、何か起こったら、このページに追記しますね。

取りあえず、そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事