プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「Security Accounts Manager」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「Security Accounts Manager」です。

こいつは止めちゃダメです。

おっと、いきなり結論を書いてしまいました。
「Security Accounts Manager」サービスは
アクセス権とかセキュリティ関係の何かを管理する大事な奴みたいですね。

20140903-01.png


サービスの説明欄には

このサービスのスタートアップで別のサービスに、セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) は、要求を受信する準備ができているというシグナルを送信します。このサービスを無効にするとシステムのほかのサービスは、SAM の準備ができたときに通知されません。この場合、これらのサービスを開始できないことがあります。このサービスを無効にしないでください。

と書いてありました。

この説明を噛み砕くと、

このサービスを止めるとセキュリティ アカウント マネージャーって奴が他の奴等に「準備OK!」な連絡をしなくなるよ。止めるなよ。

となります。

パソコンさんの中にはいろいろなサービスがありますが、
中には「セキュリティ アカウント マネージャー(SAM)」と連携してお仕事をするサービスがあります。
SAMと連携してお仕事をするサービスは、SAMが準備OKな状態にならないと自分のお仕事を始められません。
だからSAMから準備OKな連絡が届くのを待ちます。

「Security Accounts Manager」を停止すると、この「準備OKな連絡」が行かなくなるようです。
実際に準備OKにならないのか、準備OKにはなるけど連絡が行かないだけなのか、定かではありませんが、
とにかく準備OKな連絡が他のサービスに届かないようです。

結果として、SAMと連携してお仕事をするサービスは、自分のお仕事を始めることができません。

嘘かホントか知りませんが、サービスの説明欄に書いてある説明は、そのような内容です。

なお、このサービスが動いているときに登場するプロセスは「lsass.exe」です。
私の環境では、スタートアップの種類が「自動」になっていました。
サービスの状態は「開始」です。

おっと、「lsass.exe」は、かなり大事な奴でしたね。
こいつがいかれちゃうと、場合によってはログイン出来なくなったりもします。
ということは「Security Accounts Manager」自体、かなり大事な奴ってことですね。

繰り返しになりますが、よほどの事情が無い限りは、止めないでください。
Windowsさんの根幹部分に関わる大事な奴っぽいですよ。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事