プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows PowerShell、PowerShellのバージョンを確認する
結論から書くと、PowerShell用の画面で

$PSVersionTable

と入力してエンターキーを押すか、コマンドプロンプトで

powershell $PSVersionTable

を実行すれば確認できます。

それでは詳細を書いていきますね。

ふと「あれ?我が家のPowerShellはバージョンいくつだ?」と、気になりましてね。
確認してみようと思ったのがきっかけです。

Google先生、教えてください(-人-)

ふむふむ(--)

バージョン2.0以降では「$PSVersionTable」という変数が用意されていて、
その中身を表示すればバージョンを確認できるようです。
例えば

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
Windows PowerShell Modules

と移動して、開いた青い画面上に

$PSVersionTable

と入力してエンターキーを押すと、

Name Value
---- -----
CLRVersion 2.0.50727.5485
BuildVersion 6.1.7601.17514
PSVersion 2.0
WSManStackVersion 2.0
PSCompatibleVersions {1.0, 2.0}
SerializationVersion 1.1.0.1
PSRemotingProtocolVersion 2.1

のような内容が表示されます。
その中の

PSVersion 2.0

の部分がPowerShellのバージョンです。
私のWindows7環境だと、バージョンは2.0ですね。

20140917-11.png


いちいちPowerShell用の画面を起動するのが面倒くさい人は、
コマンドプロンプト上からも確認できます。

コマンドプロンプト上で確認する場合は、

powershell $PSVersionTable

を実行してください。
結果は、先程と同じです。

20140917-12.png


えっ?
バージョン1.0だと「$PSVersionTable」変数が無いぞ。どーすれば良いんだ?ですか?
難しく考えないで「$PSVersionTable」が無ければバージョン1.0ってことで良いんじゃないですかね?

最後にもう一度まとめると、PowerShellのバージョン情報は
バージョン2.0以降であれば、変数「$PSVersionTable」の中に書いてあります。
頑張って中身を見てください。
「$PSVersionTable」が無ければバージョン1.0と考えて構いません。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Windows PowerShell  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事