プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
JavaScript、カラーピッカーを使用する
結論から書くと

カラーピッカー.js
http://www.html5.jp/library/cpick.html

を使わせていただきました。
ありがたや~(-人-)

それでは詳細……と言う程でもないですが、書いていきます。

ちょっくらサイト上の入力補助としてカラーピッカーを付けたくなりましてね。
自分で作るのもかったるかったのでGoogle先生経由で探して回ったのですが……
こちらのJavaScriptライブラリにお世話になることにしましたφ(*´ェ`*)

カラーピッカー.js
http://www.html5.jp/library/cpick.html

決め手は

1.設置方法が簡単
2.主要ブラウザで一通り動く
3.他のライブラリに依存しない

の三点です。
この手のライブラリって、いざ組み込もうと思うと、設置が面倒くさかったり
思い通りに動かなかったりすることが多いのですけどね。
あっさり設置できて、あっさり動きました(*´ェ`*)

お試しなので「cpick.js」と同じ階層にこんなHTMLを置いてφ(--)

<html>
<head>
<script type="text/javascript" src="./cpick.js"></script>
</head>
<body>
    <input type="text" class="html5jp-cpick" /><br>
    <input type="text" class="html5jp-cpick [coloring:true]" /><br>
    <input type="text" id="id1" /><button class="html5jp-cpick [target:id1]">click</button><br>
    <input type="text" id="id2" /><button class="html5jp-cpick [target:id2;coloring:true]">click</button><br>
</body>
</html>

動かしてみたのですが、普通に動きました。
おぉ、すんなり動き過ぎて逆に怖いくらいだ。

素敵です(*´ェ`*)
作った方に、こっそり感謝感謝しています(*´人`*)
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● JavaScript  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事