プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS 6.2、Plesk11環境でApacheのアクセスログ(access_log)の書式(LogFormat)を変更する
結論から書くと

/etc/httpd/conf/plesk.conf.d/server.conf

の18行目近辺に

<IfModule mod_logio.c>
    LogFormat "【ログの書式】" plesklog
</IfModule>
<IfModule !mod_logio.c>
    LogFormat "【ログの書式】" plesklog
</IfModule>

の記述があるので、LogFormatの部分を好きな書式に変更したあとで
Apacheを再起動すればaccess_logの書式を変更できます。

ただし、試される方は自己責任で行ってくださいm(__)m
今のところ不具合は起きていませんが、ちょっと自信がありません。

それでは詳細を書いていきます。

access_logに追加で出力したい内容があってですね。
書式を変更しようと思ったのが今回のきっかけです。
Pleskが動いているので「httpd.conf」を直接編集するのはマズかろうと

/var/www/vhosts/system/【ドメイン名】/conf/vhost.conf



LogFormat "【変更後のログの書式】" combined
LogFormat "【変更後のログの書式】" common

とか書いてみたのですが反映されず(-A-)
あー、LogFormatは上書きできないのかな(--?

仕方ないので、物は試しと

/etc/httpd/conf/httpd.conf

を直接編集してみたところ……反映されず(-A-)

あれ(--?

CustomLog logs/access_log combined

って書いてあるのに、なんで反映されないの(--?
ちゃんと「combined」で定義された書式を変更したよ?

その後、あれやこれやと調べたところ、

/var/www/vhosts/system/【ドメイン名】/conf/last_httpd.conf

の中に

CustomLog /var/www/vhosts/system/【ドメイン名】/logs/access_log plesklog

なる記述を見つけました。

おまえのせいかっ!?Σ( ̄◇ ̄;

どうやら、現在出力されているaccess_logの書式は「combined」でも「common」でもなく
「plesklog」で定義されている書式だったようです。

ふーん、なるほど。
じゃあ「plesklog」はどこで定義されてるの(--?

えっちらおっちら探したところ

/etc/httpd/conf/plesk.conf.d/server.conf

の18行目近辺に

<IfModule mod_logio.c>
    LogFormat "【ログの書式】" plesklog
</IfModule>
<IfModule !mod_logio.c>
    LogFormat "【ログの書式】" plesklog
</IfModule>

という形で定義されていました。

よし!早速変更してみよう。

さくっと編集して

service httpd configtest

コマンドを実行して設定ファイルの整合性をチェックして

service httpd restart

コマンドを実行してApacheを再起動したら、無事に反映されました\(≧▽≦)/

念の為に

/etc/init.d/psa restart

コマンドを実行してPleskを再起動しても元に戻らなかったので、一先ず大丈夫そうです。

アクセスログ解析系のツールを入れている人は
編集しない方が無難だと思いますけどね。

私の環境では、今のところ元気に動いています。
もし何か不都合が生じたら、このページに追記します。

というわけで、Plesk環境でのaccess_logの書式変更、完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事