プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS 6、RPMforgeを導入する

私の環境CentOS6(64ビット)では以下の手順でいけました。
環境によって使うパッケージが違うっぽいのでご注意ください。

1.ダウンロードする
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

2.インストールする
rpm -ivh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

3.設定を変更する
vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

を実行して「rpmforge.repo」内に記述されている

enabled = 1



enabled = 0

にする

4.アップデートの確認をする
yum -y --enablerepo=rpmforge update rpmforge-release

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事