プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS 6、GeoIPをインストールする
環境によってやり方が違うっぽいですが、
私の環境(CentOS 6.2+Plisk)では以下の手順でいけました。

1.RPMforgeを導入する
 「http://piyopiyocs.blog115.fc2.com/blog-entry-894.html」参照

2.GeoIPをインストールする
yum --enablerepo=rpmforge install geoip

3.GeoIPで使うデータを更新する
(1)「GeoIP.dat」を持ってくる
wget http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCountry/GeoIP.dat.gz
gunzip GeoIP.dat.gz

(2)「GeoLiteCity.dat」を持ってくる
wget http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.dat.gz
gunzip GeoLiteCity.dat.gz

(3)「GeoIP.dat」と「GeoLiteCity.dat(→GeoIPCity.dat)」をコピーする
   ※「GeoLiteCity.dat」から「GeoIPCity.dat」にファイル名を変更しているので注意
cp GeoIP.dat /usr/share/GeoIP/
cp GeoLiteCity.dat /usr/share/GeoIP/GeoIPCity.dat

4.動作確認をする
geoiplookup www.google.com

5.PHPで使うために「mod_geoip」をインストールする
pecl install geoip

コマンドを実行してインストールした後、php.iniに

extension=geoip.so

を追記。

6.Apacheを再起動
service httpd restart

7.動作確認
以下のコードを書いたPHPファイルをサーバにおいてアクセスする

<?php var_dump(geoip_record_by_name($_SERVER['REMOTE_ADDR'])); ?>

例えば、こんな感じの結果が表示されればOKφ(--)

array(11) {
    ["continent_code"]=>
    string(2) "AS"
    ["country_code"]=>
    string(2) "JP"
    ["country_code3"]=>
    string(3) "JPN"
    ["country_name"]=>
    string(5) "Japan"
    ["region"]=>
    string(2) "40"
    ["city"]=>
    string(5) "Tokyo"
    ["postal_code"]=>
    string(0) ""
    ["latitude"]=>
    float(35.685001373291)
    ["longitude"]=>
    float(139.75140380859)
    ["dma_code"]=>
    int(0)
    ["area_code"]=>
    int(0)
}

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事