プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows、「acrobat_sl.exe」とはなんぞや?
ふと見たら我が家のパソコンさんで、こっそりちまちまとお仕事していた謎のプロセス。
その名も「acrobat_sl.exe」。

あれ?こんなの動いていたかな(--?

……あれ?いなくなった。
いつの間にかいなくなってしまいましたが、気になるので調べてみましょう。

ふむふむ(--)

さっぱり分かんねっ\(--)/

実体は

C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 7.0\Acrobat\acrobat_sl.exe

にあったのでAcrobatで使うプロセスっぽいですが、何をやっているんでしょうね(--?

う~ん(-公-;

推測するにAcrobat系のソフトの起動を速める何かですかね。
同じような名前の「reader_sl.exe」が「Adobe Reader Speed Launch」とかいう名前で
PDF起動をちょっと早くしてくれるためのプロセスなので、そいつの仲間でしょう。
Acrobat関連の何かをちょびっと速くするための奴なんじゃないですかね。
恐らく「sl」は「Speed Launch」の略でしょうし。

今はいなくなっていますが、次に見かけたら遠慮なく息の根を止めてやろうと思います。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事