プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Excel、F1キーを押したときにヘルプが起動するのを無効化する方法
※レジストリをいじるので、試す方は自己責任で実施してください。

レジストリエディタを起動して、左側の画面でレジストリキー

\HKEY_CURRENT_USER
 \Software\Policies
  \Microsoft
   \Office
    \14.0(Officeのバージョンによって変わる)
     \Excel(対象とするソフトによって変わる)
      \DisabledShortcutKeysCheckBoxes

を作成し、右側の画面で

値の名前種類値のデータ
適当な名前REG_SZ112,0

を作成します。
これで、以降に起動したExcelはF1キーを押してもヘルプが起動しなくなります。

14.0」の部分はExcelのバージョンによって変わるのでご注意ください。
Excel2003は「11.0」、Excel2007は「12.0」、Excel2010は「14.0」です。
Excel2013は確認していませんが、恐らく「15.0」だと思います。

また私の環境では「Office」以降のレジストリキーがありませんでした。
そのため「Office」「14.0」「Excel」「DisabledShortcutKeysCheckBoxes」は
地道に手作業で一つずつ作成しています。

あっ、そうそう。

今回はExcelのF1キーを押したときのヘルプを無効化しましたが、
レジストリキーの「Excel」を「Word」にすれば
WordのF1キーを押したときのヘルプを無効化できます。
ExcelとWordしか試していないですが、同じ理屈で他のOffice製品のF1キーも無効化できると思います。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Microsoft Office 

  関連記事