プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「LogonUI.exe」とはなんぞや?
ふと気付いたら我が家の2号機パソコンさんで、ひょっこりお仕事していた謎のプロセス。
その名も「LogonUI.exe」。

あれ?こんなの動いていたかな(--?
主要なプロセスはもう全部取りあげたはずなんだけどな。

……と気になったので、調べてみました。
Google先生、よろしくお願いしまっす(-人-)

ふむふむ(--)

「LogonUI.exe」はWindowsの起動・終了画面を表示しているプロセスっぽいです。
いわゆる「ようこそ画面」って奴ですね。
そいつを表示するのがLogonUI.exeさんのお仕事です。

なるほど。
このプロセスは、お仕事が終わるとサヨナラするので、普段は見かけないのでしょう。
今回はサヨナラする前にタイミング良くタスクマネージャーを起動したってことかな。

私は遭遇したことがありませんが、LogonUI.exeがぶっ壊れると
起動・終了が上手くできなくなる場合があるようです。
対処方法は、ケース・バイ・ケースで個別対処する方法も無くは無いようですが、
リカバリするのが無難でしょう。

ぶっ壊れた原因が分かりませんからね。

ハードディスクが壊れたのか、ウィルスにやられたのか、
操作ミスで必要なファイルを消しちゃったのか分かりませんが、
「取りあえずエラーが無くなればいいやー」な対処はちょっと怖いです。

私だったら、ハードディスクを引っこ抜いてデータだけ別のところに移して、
(可能であればハードディスクを交換して)リカバリします。

なお、LogonUI.exeの実体は

%WINDIR%\system32\LogonUI.exe

にあります。
他の場所にある場合はご注意ください。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事