プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「Windows Modules Installer」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「Windows Modules Installer」です。
こいつは、Windows Updateで使うサービスみたいですね。

20150221-01.png


サービスの説明欄には

Windows の更新プログラムおよびオプション コンポーネントのインストール、変更、および削除を可能にします。このサービスを無効にしていると、このコンピューターに対する Windows Update のインストールまたはアンインストールが失敗する場合があります。

と書いてありました。

この説明を噛み砕くと、

俺は、Windowsの更新プログラム(と、そのオプション)をインストールしたりするときお仕事すっからな。俺を無効にするとWindows Updateが失敗するかもしれねーぞ

となります。

このサービスが動いているときに登場するプロセスは「TrustedInstaller.exe」です。
私の環境では、スタートアップの種類が「手動」になっていました。
サービスの状態は「停止」です。
確認はしていませんが、きっとWindows Updateをやっているときだけ「開始」になるのでしょう。

名前からして「Windowsモジュールのインストーラ」ですもんね。
下手に触らない方が無難です。
どーしても邪魔くさい場合は、このサービスを直接あれこれするよりも
Windows Updateの設定を見直した方が安全だと思います。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事