プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「Disk Defragmenter」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「Disk Defragmenter」です。

20150322-09.png


こいつは名前から推測する限り、デフラグ関連のサービスっぽいですね。

サービスの説明欄には

ディスク最適化の機能を提供します。

と書いてありました。
うん、「ディスク最適化」って書いてあるので、デフラグ関連のサービスでしょう。

このサービスが動いているときに登場するプロセスは「svchost.exe」です。
「svchost.exe」は、大雑把に言うとDLLを動かす奴ね。

実行ファイルのパスは

%WINDIR%\system32\svchost.exe -k defragsvc

なので、実際にお仕事するのは

-k defragsvc

に書かれている奴、レジストリの

\HKEY_LOCAL_MACHINE
 \SOFTWARE
  \Microsoft
   \Windows NT
    \CurrentVersion
     \Svchost



defragsvc

として登録されている奴のどれかです。

20150322-10.png


名前から推測するに……も何も、値が一つしかなかったので

defragsvc

でしょう。

20150322-11.png


こいつの実体は
%WINDIR%\system32\defragsvc.dll

にありました。
つまり「Disk Defragmenter」サービスは「defragsvc.dll」を「svchost.exe」経由で動かすということです。

なお、私の環境では「Disk Defragmenter」サービスのスタートアップの種類は「手動」になっていました。
サービスの状態は「停止」です。

面倒くさいので実際に確認はしていませんが、デフラグを始めると「開始」になるのでしょうね。
必要なときだけ動き出すサービスっぽいので、特に気にしなくて良いと思います。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事