プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのサービス「UPnP Device Host」とはなんぞや?
プロセス周りのお勉強をしていたら、サービス関連の知識も増えてきました。
どーせそのうち忘れちゃうので、忘れる前にメモっておきます。

今回お勉強したサービスは「UPnP Device Host」です。

20150328-01.png


こいつは、その名の通り、UPnP関連のサービスっぽいですね。
こいつを止めちゃうと、UPnP機能が使えなくなっちゃうのでしょう、多分。

ちなみに、UPnPは「挿せばネットワークに繋がるよ~」ね。
「特別な設定をしなくても、挿せば使えるよ~」を意味する「PnP」という機能があるのですが、
それのネットワーク版です。
詳しいことは、以下の用語解説をご覧ください。(宣伝)

■わわわIT用語辞典-ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)とは
http://wa3.i-3-i.info/word12476.html

話を戻して、サービスの説明欄には

このコンピューター上での UPnP デバイスのホストを可能にします。サービスを停止すると、ホストされている UPnP デバイスは機能しなくなり、ホストされるデバイスを追加することもできません。サービスを無効にすると、明示的にこのサービスに依存しているサービスは開始できなくなります。

と書いてありました。

なんか長々と書いてありますが、要するに

UPnPを使うなら有効にしとけよ

ということが書いてあります。

このサービスが動いているときに登場するプロセスは「svchost.exe」です。
「svchost.exe」は、大雑把に言うとDLLを動かす奴ね。

実行ファイルのパスは

%WINDIR%\system32\svchost.exe -k LocalServiceAndNoImpersonation

なので、実際にお仕事するのは

-k LocalServiceAndNoImpersonation

に書かれている奴、レジストリの

\HKEY_LOCAL_MACHINE
 \SOFTWARE
  \Microsoft
   \Windows NT
    \CurrentVersion
     \Svchost



LocalServiceAndNoImpersonation

として登録されている奴のどれかです。

20150328-02.png


名前から推測するに

upnphost

でしょうか。

20150328-03.png


こいつの実体は

%WINDIR%\system32\upnphost.dll

にありました。
つまり「UPnP Device Host」サービスは「upnphost.dll」を「svchost.exe」経由で動かすということです。

なお、私の環境では「UPnP Device Host」サービスのスタートアップの種類は「手動」になっていました。
サービスの状態は「開始」です。

……あれ(--?

UPnPなんて、多分使ってないんだけどなぁ(--ゞ

というわけで、無効にしてみました。
何か不都合が生じたら、ここに追記します。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:サービス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事