プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows8、「JpnIME.exe」とはなんぞや?
ふと見たら我が家の2号機パソコンの中のVirtual PC上でお仕事していた謎のプロセス。
その名も「JpnIME.exe」。

おまえはIMEか?IMEなのか?
でもMicrosoft IME 2012のプロセス「ImeBroker.exe」は別にいるよ(--?

と気になったので調べてみることにしました。

ふむふむ(--)

分からん\(--)/

プロセスの名前欄に「Microsoft IME」と書いてあったのでIME絡みだとは思いますが、
何をやっているのかは分かりませんでした。

私の環境では

Microsoft IME 2012:ImeBroker.exe
Microsoft IME:JpnIME.exe

が同居しています。

これって、両方必要なんだべか(--?

なお、JpnIME.exeの実体は

%WINDIR%\system32\InputMethod\JPN\JpnIME.exe

にありました。

う~ん(-公-;

私の環境にはMicrosoft IME 2012しか入っていないはずなので、
Microsoft IME 2012が何かをやるのに使っているんですかね。

取りあえずIME絡みだということで気にしないことにします。

よく分からないけど、そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事