プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「DCPSysMgrSvc.exe」とはなんぞや?
ふと気付いたら我が家の4号機パソコンさんで、ひょっこりお仕事していた謎のプロセス。
その名も「DCPSysMgrSvc.exe」。

あれ?こんなプロセスいたかな。なんだべ(--?

……と気になったので、調べてみました。
Google先生、よろしくお願いしまっす(-人-)

ふむふむ(--)

「DCPSysMgrSvc.exe」は「Dell ControlPoint System Manager」サービスのプロセスでした。
「Dell ControlPoint System Manager」は、Dell Control Point System Managerで使うサービスです。

Dell製のパソコンには「Dell Control Point」という名前の管理系のソフトが入っています。
そのソフトの中に「System Manager」という機能があるのですよ。
そいつが使うサービスのプロセスということです。

DCPSysMgrSvc.exeの実体は、私の環境では

C:\Program Files\Dell\Dell ControlPoint\System Manager\DCPSysMgrSvc.exe

にありました。
細かい違いはあるかもしれませんが、ある人は恐らく似たようなところにあるはずです。

ふむふむ(--)

どうやら、Dell ControlPointがインストールされている環境では、
勝手に動いてるっぽいですね。

でも、私の他のDellパソコンでは動いていないけどな~(--ゞと思って確認したら、
「Dell ControlPoint System Manager」サービス自体はありました。
ほんでもって、無効になっていました。
昔の自分が、止めちゃってたみたいです(^^ゞ

なんだ、じゃあ、これも止めちゃって良いや。
Dell ControlPointを使っていない人は、止めちゃって構いません。
特に支障は無いはずです。

そんな感じ\(--)/


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事