プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
PHP、特定のTwitterアカウントのプロフィール(詳細情報)を取得する
先に要点だけ書いておくと

1.TwitterOAuthを使って
2.GETで「users/show」にアクセスする


で、サクっとできます。

それでは、詳細を書いていきます。

やり方は

1.Twitter側の準備として
   (1)Consumer key
   (2)Consumer secret
   (3)Access Token Secret
   (4)Access Token Secret secret
  の4つの値を取得する

2.TwitterOAuthを頂いてくる

3.PHPのプログラムを作る

です。
1と2については

PHP、Twitterへの自動投稿機能を作成(2015年9月版)。

の記事を参照してください。

3のサンプルプログラムは下に置いておきますφ(--)

<?php

    //「autoload.php」読み込み
    //「twitteroauth/」フォルダは本プログラムと同階層に配置
    require_once dirname(__FILE__) . '/twitteroauth/autoload.php';
    use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

    // 「Consumer key」値
    $ck = 取得した「Consumer key」の値;
    // 「Consumer secret」値
    $cs = 取得した「Consumer secret」の値;
    // 「Access Token」値
    $at = 取得した「Access Token」の値;
    // 「Access Token Secret」値
    $ats = 取得した「Access Token Secret」の値;

    //リクエストを投げる先(固定値)
    $url = "users/show";

    //対象のID
    $screen_name = 【取得対象のアカウントのID】;

    // OAuthオブジェクト生成
    $toa = new TwitterOAuth($ck,$cs,$at,$ats);

    //取得
    $res = $toa->get($url, compact('screen_name'));

    // レスポンス表示

    if (isset($res->errors[0])){
        print "error:" . $res->errors[0]->message . "<br>\n";
    }else{
        var_dump($res);
    }

?>

将来的には分かりませんが、2015年11月現在と同じ状況であれば
「Consumer key」「Consumer secret」「Access Token」「Access Token Secret」の値と

//対象のTwitter ID
$screen_name = 【取得対象のアカウントのID】;

の部分だけ変えれば、そのまま動くはずです。

ちなみに、上に書いたのはスクリーンネーム(Twitterの画面上に表示されるID、@hogehoge)から
プロフィールを取得するサンプルです。

Twitter管理上のIDから取得する場合は「screen_name」を「user_id」に変更します。
こんな感じですねφ(--)

<?php

    //「autoload.php」読み込み
    //「twitteroauth/」フォルダは本プログラムと同階層に配置
    require_once dirname(__FILE__) . '/twitteroauth/autoload.php';
    use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

    // 「Consumer key」値
    $ck = 取得した「Consumer key」の値;
    // 「Consumer secret」値
    $cs = 取得した「Consumer secret」の値;
    // 「Access Token」値
    $at = 取得した「Access Token」の値;
    // 「Access Token Secret」値
    $ats = 取得した「Access Token Secret」の値;

    //リクエストを投げる先(固定値)
    $url = "users/show";

    //対象のID
    //$screen_name = 【取得対象のアカウントのID】;
    $user_id = 【取得対象のアカウントのTwitter管理上のID】;

    // OAuthオブジェクト生成
    $toa = new TwitterOAuth($ck,$cs,$at,$ats);

    //取得
    //$res = $toa->get($url, compact('screen_name'));
    $res = $toa->get($url, compact('user_id'));

    // レスポンス表示

    if (isset($res->errors[0])){
        print "error:" . $res->errors[0]->message . "<br>\n";
    }else{
        var_dump($res);
    }

?>

あとは戻りの「$res」にいろいろ入ってくるので、適当に使ってください。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● PHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事